Windows向けのノベルゲーム制作ツールであるYU-RISの制作講座です。
YU-RISは長期に渡って開発が継続しているツールであるため非常に高機能です。
高機能と聞くと若干敷居が高い感じがしますが、高度な機能を使わない利用者にもメリットがあります。
それは初めから全部揃ってることです。
他のツールはゲームを1から作りますが、YU-RISはタイトル画面・ゲーム本編の画面・ロード画面・セーブ画面などがテンプレートとして用意されていて、それをカスタマイズしていく開発スタイルです。
他のツールではゲーム本編以外の画面を作るのに苦労することがあるので、テンプレートとして用意されているのは非常に有り難かったりします。

YU-RISは高機能なツールですが、この講座は初心者を対象としているため高度な機能は扱いません。
趣味でゲームを作ってみたいくらいの人を対象とした内容です。

ちなみに高度な機能を使うとかなり本格的なゲームが作れますが自力で扱うのは非常に困難です。
YU-RIS の作者さんがサポートサービス(有料)を行っているようなので商業ベースで本格的なゲームを制作する場合は検討してみたほうがいいです。独自機能追加も行ってくれるようです。

※YU-RISは条件つきの無料ソフトです。詳細は公式サイトをご確認ください。

YU-RISの公式サイト

http://yu-ris.net/

ワンポイント講座 (基本的な使い方)

1. 開発環境を準備する
2. スクリプトの始まり
3. コメントについて (※初心者には重要)
4. ラベルについて
5. 文字コードについて
6. テキストを表示する
7. 背景画像を表示する
8. チップレイヤについて
9. キャラクターを表示する
10. キャラクターを表示する(改良版)
11. キャラクターを移動する(アニメーション)
12. キャラクター名を表示する
13. メッセージ枠に画像を使用する
14. 縁取り文字を使用する
15. BGM・効果音を使用する
16. ボタンで処理を分岐する
17. 画像ボタンで処理を分岐する
18. 変数を使用する
19. 変数で処理を分岐する
20. テキストをスプライトに表示する
21. テキストをスプライトに表示する(チップレイヤ)
22. ルビを振る
23. マクロを利用する
24. タイトル画面を表示する
25. セーブ・ロードボタンをカスタマイズする
26. タイトルバー・ウィンドウサイズを変更する
27. ゲームをリリースする
5分でデキないノベルゲーム制作講座