背景画像を表示するには背景レイヤに画像を表示します。

吉里吉里のゲーム画面は、背景レイヤ前景レイヤメッセージレイヤの3つのレイヤが合成されたものです。
背景レイヤは背景、前景レイヤは人物など、メッセージレイヤはテキスト用です。
画像を表示するには image タグを使用します。

スクリプトは以下のように記述します。
[image layer=base storage=bg.png page=fore]

属性の layer=base は背景レイヤ、 storage=bg.png は画像ファイルの指定です。
page=fore は画像を普通に表示するだけの場合に指定すると覚えておいてください。

※背景画像ファイルは data\bgimage フォルダに入れておく必要があります。
背景に画像を表示するだけなら上記のスクリプトでできますが、ノベルゲームの背景はフェードイン・フェードアウトで表示するのが一般的ですよね?
フェードイン・フェードアウトを行うにはトランジションという機能を使います。
トランジションというのはアニメーションのことです。現在表示中の画像(レイヤ)から次に表示する画像(レイヤ)に徐々にアニメーションしながら移行します。

スクリプトは以下のように記述します。
[backlay]
[image layer=base storage=bg.png page=back]
[trans method=crossfade time=1000]
[wt]

backlay というタグは現在表示中のレイヤの情報をトランジションの移行先のレイヤにコピーする命令です。
image は画像を表示するタグですが、属性に page=back を指定しているのに注意してください。 page=back というのは移行先のレイヤ(トランジション処理に利用される画面に表示されないレイヤ)という意味です。
trans というタグでトランジションを実行します。 time=1000 はアニメーションの時間(ミリ秒)です。
最後の wt というタグでトランジションが完了するまで待機します。

トランジションが完了した時点で表示中のレイヤ情報(page=fore)はトランジションの移行先のレイヤ情報(page=back)と同じになります。

フェードアウトを行うには上記のスクリプトの storage=bg.png の部分をフェードアウト後の画像にするだけです。
今回の講座のスクリプトをダウンロードできます。  ( ZIPファイルの使い方

吉里吉里講座

ワンポイント講座 (基本的な使い方)
1. 開発環境を準備する
2. スクリプトの始まり
3. コメントについて (※初心者には重要)
4. ラベルについて
5. 文字コードについて
6. テキストを表示する
7. 背景画像を表示する
8. キャラクターを表示する
9. キャラクターを表示する(フェードイン)
10. キャラクターを移動する(アニメーション)
11. 前景レイヤにテキストを表示する
12. メッセージ枠に画像を使用する
13. 縁取り文字を使用する
14. フォント(書式)を変更する
15. BGM・効果音を使用する
16. ボタンで処理を分岐する
17. 変数を使用する
18. 変数の内容を表示する
19. 変数で処理を分岐する
20. ルビを振る
21. マクロを利用する
22. メニューをカスタマイズする
23. タイトル画面を表示する
24. タイトルバー・ウィンドウサイズを変更する
25. ゲームをリリースする
5分でデキないノベルゲーム制作講座